未経験からのプログラミング学習【5ヶ月経過】:学習方法の見直しを行なった

こんにちは。フィヨルドブートキャンプ(以下、FBC)でプログラミング学習中の「のん」です。学習を始めて5ヶ月が経ちました。 先月から始めた振り返りを今月も書いていこうと思います。

目次

5ヶ月目(4月)の振り返り

4月のできごと:FBC受講生、メンターさんと食事会

FBCの受講生、メンターさんに初めてオフラインでお会いしました! コミュニティ内の雑談部屋などを通じてオンラインでのコミュニケーションを取っていたため、初対面でも緊張せず会話を楽しむことができました。 プラクティスの進め方や就職活動のことなど、様々なお話しを聞くことができ大変有意義な時間を過ごすことができました。お話ししてくださったみなさん、ありがとうございました!

目標と達成度

  • Rubyラクティス修了(70%)
  • 技術ブログ執筆(達成)

【修了したプラクティス】

108個ある内、36個のプラクティスを修了しました。

1ヶ月間で2個のプラクティスが修了しました。

修了したプラクティス一覧

【学習時間】

4ヶ月間の総学習時間は、369時間でした。

1ヶ月間で69時間学習しました。

4月学習時間
今月は仕事が忙しくあまり学習に時間を充てることができませんでした。仕事や家庭の状況で学習時間に差が生じるため、短い時間でも効率良く学ぶことができるよう、学習方法を見直しました。

できるようになったこと

苦労したこと

ソースコードを読めなくて苦労した

バグの修正課題では、コードを追うことができず苦労しました。デバッグがうまくできなかったためペアプロを依頼したのですが、デバッグ以前にコードの意味や動きを把握できていないことが問題であることに気が付きました。。。

【対応】

  • Rubyに関する知識を補うため、「ゼロからわかるRuby超入門」「Rubyふりがなプログラミング」読んだ

  • 効率良く学習を進めるためにも、「科学的根拠に基づく最高の勉強法」を読んだ

コードを読み書きする際には、1文字読み間違えるだけで全く意味が変わってしまうため正確性が重要であると理解しました。分かったつもりになって進めてしまっていたので、一言一句確認をしながら読む習慣をつけていこうと思います。

また、科学的に効果が高いとされる学習方法を学んだので今後の学習で活かしていこうと思います。

今の気持ち

Ruby編のプラクティスに入ってから課題で出されたコードの読み書きができず、ちゃんと自分は成長できているんだろうか?と不安に思うことが増えました。インプットの量を増やしてみても不安の解消や改善に繋がらなかったため、そもそもの「学習方法」に問題があるのではないかと考えました。学んだことを日報に書き写したりしていたものの、表面的に理解したつもりになっているだけで内容について深く理解できていないことに気がつきました。なお、私が考える「深く理解する」とは、その内容を他の人にわかりやすく説明できるかどうかを基準にしています。

この基準に満たしていないと感じたため、「科学的根拠に基づく最高の勉強法」を参考に、脳に覚えさせた情報を都度取り出して記憶に定着させる学習方法に切り替えました。学習方法の見直しによってどのような変化があるのか試していきたいと思います!

「科学的根拠に基づく最高の勉強法」

科学的根拠に基づく最高の勉強法

YouTubeはこちら

最高の勉強法・効率的な覚え方【科学的根拠のある効果的な学習方法について医者が解説】

次月の目標

  • lsコマンドを修了

  • 学んだことをブログにアウトプットする